ISRCの取得

配信仲介業者、vibirthのサイトの案内を見ていると、楽曲配信には、
手続き上、「ISRC」と呼ばれる番号を取得する必要があることが分かりました。

ISRC:レコーディング(オーディオレコーディング及び音楽ビデオレコーディング)の識別に
利用される唯一の国際標準コードで日本レコード協会によって管理されているもの。
(1曲につき1つ必要)

※詳細な説明、申請の流れについてはHPに記載がありますので、参照下さい。

 ①ユーザ仮登録(Uプラン or Jプラン)

  定期的な楽曲製作、販売の実績がある⇒Uプラン
    それ以外の場合。個人向けのお手軽プランのような感じ⇒Jプラン

 ②レコーディング情報の申請

    Webのフォーム上で楽曲情報(作曲者、作詞者、楽曲情報を登録)

 ③申請書類をFAX送信

    Jプランの場合、印鑑証明書、住民票が必要。

 ④申請書類原本一式郵送、書類審査、事務手数料入金

 ⑤ISRC発行


実際にチャレンジしたところ、申請から発行まで6日程度。やり取りは全て
メールベース。間違えや不明点があれば、事務局からメールで連絡が来ます。
やり取りはとてもスムーズでした。ただ、取得に印鑑証明書や住民票が
必要で、このためにわざわざ実印を作って、市役所に行きました。その点では、
面倒で少しハードルが高いと感じました。

ISRCは著作権管理とは異なるものです。そのため、音源自体も渡していない
形になります。ただし、ISRCを取得しているか否かで、アグリゲータでの
手続きのスピードが大きく異なるようです。



コメントの投稿

非公開コメント